【おやつは3曲まで】郷愁のアメリカ

Apple Music
  1. 今週のプレイリスト:郷愁のアメリカ
        1. クリックするとApple Musicの公開リストに飛びます
    1. 《Suite For Toy Piano: II.》 John Cage/マーガレット・レン・タン トイピアノ 
    2. 《True Colors》Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)
    3. 《ワルキューレの騎行》Richard Wagner
      1. 洋画が好きなので、未だに米国の片田舎にはくたびれたウェイトレスがまずいコーヒーを注ぎに来るダイナーがあると思っています。そう、ちょうどジャケ写のように。そこを出て車を走らせるとタイヤがパンクしてしまい、ダイナーに戻るには距離がありすぎると判断した彼ら(誰?)は、仕方なくぽつんと立っている一軒の民家に助けを求めますが、そこにいたのは‥‥おっと、ホラーになってしまいました。
      2. はじめの曲は、米国出身の作曲家ジョン・ケージが書いた、トイピアノのための組曲より。プリペアド・ピアノ(ピアノにさまざまな細工を施して演奏する)とトイ・ピアノの女王、マーガレット・レン・タンの演奏にしました。彼女のドキュメンタリーDVDを観たことがありますが、魔女っぽい独特の世界観をもっているアーティストです。
      3. シンディ・ローパーの曲は、歌詞がいい!ある映画で老婦人が歌うシーンがあって、どの世代が歌ってもいい歌だなと思いました。同性愛者の人権運動のイメージがありますが、あらゆるマイノリティが共感できる応援ソングのような気がします。
      4. ラストはなぜワーグナーなのかというと、もちろん映画「地獄の黙示録」です。正直、どれだけ残虐なシーンや歴史があっても、あのヘリコプターのシーンを目にして高揚感を感じない人はあまりいないと思います。高揚するからこそ、人は各自自制すべきであって、戦争はいけないといえるんじゃないかと。ただ平和をとなえるだけでは人は分かりあえませんからね。
    4. 共有:
    5. いいね:
    6. 関連

今週のプレイリスト:郷愁のアメリカ

クリックするとApple Musicの公開リストに飛びます

《Suite For Toy Piano: II.》 John Cage/マーガレット・レン・タン トイピアノ 

《True Colors》Cyndi Lauper(シンディ・ローパー)

《ワルキューレの騎行》Richard Wagner

洋画が好きなので、未だに米国の片田舎にはくたびれたウェイトレスがまずいコーヒーを注ぎに来るダイナーがあると思っています。そう、ちょうどジャケ写のように。そこを出て車を走らせるとタイヤがパンクしてしまい、ダイナーに戻るには距離がありすぎると判断した彼ら(誰?)は、仕方なくぽつんと立っている一軒の民家に助けを求めますが、そこにいたのは‥‥おっと、ホラーになってしまいました。

はじめの曲は、米国出身の作曲家ジョン・ケージが書いた、トイピアノのための組曲より。プリペアド・ピアノ(ピアノにさまざまな細工を施して演奏する)とトイ・ピアノの女王、マーガレット・レン・タンの演奏にしました。彼女のドキュメンタリーDVDを観たことがありますが、魔女っぽい独特の世界観をもっているアーティストです。

シンディ・ローパーの曲は、歌詞がいい!ある映画で老婦人が歌うシーンがあって、どの世代が歌ってもいい歌だなと思いました。同性愛者の人権運動のイメージがありますが、あらゆるマイノリティが共感できる応援ソングのような気がします。

 

ラストはなぜワーグナーなのかというと、もちろん映画「地獄の黙示録」です。正直、どれだけ残虐なシーンや歴史があっても、あのヘリコプターのシーンを目にして高揚感を感じない人はあまりいないと思います。高揚するからこそ、人は各自自制すべきであって、戦争はいけないといえるんじゃないかと。ただ平和をとなえるだけでは人は分かりあえませんからね。

 

「おやつは3曲まで」は、Apple Musicで作成した公開リストです。
気になるけれどAppleのサービスじゃない!という方は曲名とアーティスト名で検索してみてください。

 

市川市菅野のピアノ教室を主宰しています。

体験レッスンや詳細情報をご希望の方は、

 

当HPの問い合わせページ

ピアノ教室.net

ピアノ教室.COM

教室のFacebookページ

・教室のLINE@「エムジック音楽教室のギモン箱」

友だち登録

 
 

いずれかへご連絡ください。

通常、2日以内にご返信をさせていただいております。

ご連絡のない場合は、迷惑メールフィルターなどによって拝読できていない可能性がございます。

その際は、たいへんお手数ですが別のご連絡方法をお試しいただければ幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました