Apple Music プレイリスト

【おやつは3曲まで】エレンディラの骨には

更新日:

今週のプレイリスト:エレンディラの骨には

クリックするとApple Musicの公開リストに飛びます

《Symphony No. 7 in A Major, Op. 92 II. Allegretto》ベートーヴェン/レナード・バーンスタイン指揮 

《DNA》Ludovico Einaudi (ルドヴィコ・エイナウディ)

《This Place Is Empty》ザ・ローリング・ストーンズ

1曲目は、アップルミュージック内でもたくさんの録音があります。いくつか聴きましたが、テンポ感と音のまとまりが好みだったバーンスタインとNYフィル版を。

交響曲なので長くはありますが、この作品はターセム・シンが構想を温め続けて完成させた映画「The Fall- 落下の王国 -」で効果的に使われていたり、いくつか映画に登場しているので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2曲目も、近頃よく映画音楽に登場するエイナウディの作品です。生徒さんもエイナウディ好きな方が多いです。久石譲的な親しみやすい旋律の美しさと、プリミティブな響きを併せ持っているのですが、ここまでシンプルに音をつなげることってなかなかできないよな〜と思って調べたら、ルチアーノ・ベリオ(イタリアの現代音楽界における巨匠)に師事、との経歴を見つけてのけぞった記憶があります。特にフランスで大ヒットした「最強のふたり」の劇中曲が有名ですが、ドキュメンタリー映画「ノーマ 世界を変える料理」にも採用されています。厨房は戦場といいますが、このドキュメンタリーも例外ではありませんでした。エイナウディのあの繰り返されるフレーズが、緊迫感をうみだしています。

3曲目はストーンズ。ミック・ジャガーではなく、キース・リチャーズが歌っている曲です。今回のプレイリストは、ガルシア・マルケスの小説「エレンディラ」にある一節からとっています。搾取され続ける半生を送るエレンディラが歩き疲れてこぼす、「骨にガラスの粉が入っているみたい」という台詞。なんと詩的で、なおかつ共感しやすいフレーズなのかと、初めて読んだ時から深い衝撃がありました。

キース・リチャーズの渋い歌声のせいか、まさに「ガラスの粉が詰まっていて疲れがとれない」状態の歌だといつも思ってしまいます。もっともストーンズのご当人たちはそんな感じではないみたいですが!ビートルズと同時期に活躍していまだに現役ですからね。

「おやつは3曲まで」は、Apple Musicで作成した公開リストです。
気になるけれどAppleのサービスじゃない!という方は曲名とアーティスト名で検索してみてください。

 

市川市菅野のピアノ教室を主宰しています。

体験レッスンや詳細情報をご希望の方は、

 

当HPの問い合わせページ

ピアノ教室.net

ピアノ教室.COM

教室のFacebookページ

・教室のLINE@「エムジック音楽教室のギモン箱」

友だち登録

 
 

いずれかへご連絡ください。

通常、2日以内にご返信をさせていただいております。

ご連絡のない場合は、迷惑メールフィルターなどによって拝読できていない可能性がございます。

その際は、たいへんお手数ですが別のご連絡方法をお試しいただければ幸いです。

 

-Apple Music, プレイリスト
-, , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。