音楽を知る

YouTubeでいい音源を探し当てるコツ

更新日:

・ストリーミングサービスはたくさんある

Apple Music以外にも、定額で音楽を聴き放題で楽しめるストリーミングサービスはたくさんあります。

LINE MUSIC(ライン)やGoogle Play Musicといったメジャーサービス以外にも、NML(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)というクラシック音楽を中心としたストリーミングサービスも。音楽大学が法人契約を結んでいることもあり、私もApple Musicに切り替える前までは利用していました。

いくつか寄稿させていただいたブラジル音楽fonfon(フォンフォン)も、ブラジルの音楽であるショーロに特化した定額制のストリーミングサービスです。

ナクソスを利用していた頃は、まだストリーミングサービスという概念自体が、それほど浸透していなかったように思いますが、今は電子書籍も写真商材も車も定額制の利用サービスがある時代。ものの消費方法が大きく変わったと感じています。

「音楽を知るならCDを買わなきゃダメ!」という主張も分からなくはないのですが、膨大な音源につねにアクセスできるこのサービスのメリットは、かなり大きいのではないかと思います。

・YouTube ≠ ストリーミングサービス

もちろん、こうしたサービスではなくYouTubeで曲を探すこともできます。

音楽は、CDの流通が極端に少なかったり音源化されていないジャンル、作品もたくさんあって、めぐりあうまで演奏動画を探し続けるしかないことも。

CDショップで廃盤と出ているあの盤がニコニコ動画に!なんてこともざらにあります。

しかしながら、YouTubeで視聴できるのは、公式の動画だけではありません。曲名だけで検索するとプロ・アマ、ついでにレベルも問わずの演奏動画がかなりの数ヒットします。なかには、版元が禁止しているのにも関わらず、権利者以外の第三者がアップロードしているものさえ少なくありません。

ずばり言えば玉石混交、宝物とゴミ、あまつさえ盗品も一緒くたに散らばっているということ。それゆえ、お気に入りの音源が実は権利侵害の違法アップロードだった、なんて可能性もゼロではありません。

違法アップロードが根絶されることはないと思いますが、YouTubeや無料のアップロードサイトを利用する時には、適正ではないコンテンツが一定数ふくまれていることも理解しておかなければならないと感じています。

・いい音源を探し当てるコツ1:詳細検索

曲名だけを検索バーに入れるよりも、複数の単語をかけ合わせて検索した方がいい音源にめぐり合う可能性が高くなります。

クラシックなら「月光ソナタ」とだけ打ち込むよりも、「ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2 月光ソナタ ベートーヴェン」のように正式な名称と作曲家をかけ合わせて検索する方が、アマチュアの演奏動画を避けやすくなる気がします。

ポップスはリリース元が宣伝のために公式PVをアップロードしていることも多いので、「スターゲイザー スピッツ 公式」などと入力してみるのがおすすめです。

ジャズなら名プレイヤーといわれている音楽家の名前を入れて検索してみる。「マイ・ファニーヴァレンタイン チェット・ベイカー」など。

しかしこれが現代音楽(特に発表から5年以内の出来立てほやほやの新曲)は、CDなどないことがほとんどなので、「曲名 コンサート 作曲家/演奏家」などで検索するのがおすすめです。昨今では初演の動画を公開している作曲家も少なくありません。演奏会での録音に巡り会える可能性があります。

民族音楽も、スマホで撮影したブレブレの動画が貴重な音源だったり、活き活きした「生の音」だったりする可能性が高いジャンルです。

その道の達人にいい動画を教えてもらうか、こまめに検索しながらいい音源に出会うまで探し続けるしかありません。ネットは広大なのです‥‥‥。

・いい音源を探し当てるコツ2:原語検索

クラシックならとにもかくにも、原語での検索をおすすめします。ドイツの曲ならドイツ語、イタリア語の曲ならイタリア語で。

幸い、現代ではコピペという便利な技があるので、ウムラウトもアクサンも苦労して入力する必要はありません。IKEAの家具も真っ青なスペルも、コピー&ペーストでばっちり原語検索が可能です。

原語のタイトルは、鍵盤楽器の作品ならピティナのピアノ曲事典(http://www.piano.or.jp/enc)で検索するのが便利です。

先ほどの「月光ソナタ ベートーヴェン」も「Nr. 14 cis-Moll Sonata quasi una fantasia Op. 27-2 Beethoven」などと頑張って原語を入力してみると、いい音源に出会える、かもしれません。

こうした検索で出てきた音源をいくつか聴き比べられるとさらに面白いのですが、時間もかかるので無理はせずほどほどに。

大学院に進学したての頃、「本は読む速度をある程度までは上げることができる、けれども音楽は逆立ちしたって速く聴くことはできない」と言われたのを覚えています。

15分を同じ曲の別バージョン3曲視聴に使うか、それぞれ異なる曲を3曲聴くか、悩みどころですね。

・まとめ

動画投稿サイトの「弾いてみた」、「歌ってみた」という動画の多さを見れば、演奏したい側(Player)と聴きたい側(Listener)の数が逆転したのは一目瞭然。これからもプレイヤーの数は増え続けるでしょう。

ただ、手軽に投稿できて聴ける今だからこそ、いい演奏、いい音源が残っていくといいなとも思うのです。

なので、音楽を楽しみたい時は、動画サイトでもできる限り公式の音源、正規の音源にまずふれてみることをおすすめします。

-音楽を知る
-,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。